ブングショップドットコムは豊富な品揃えと安さが魅力の文具・文房具・事務用品のインターネット通販ショップです。

★おとなも夢中になれる「ひっかき絵」でハロウィン描いてみたよ★(10月)★

2018/10/03
by ブングショップ ドットコム

朝晩の冷たい空気に夏の暑さが懐かしくさえ感じてしまう今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

季節は日に日に移り変わり四季がある日本に生まれて良かったなぁ…としみじみ年齢を重ねるごとに思うことが多くなりました。


大人になり、ふと、こどものときにした遊びをもう一度やってみたくなることはありませんか。

私はしょちゅうそんな気になり、我が社にあるたくさんの商品を見ては子どもの頃の記憶がよみがえってきます。

その中で今でも家で一人やってしまう遊びを今日は紹介したいと思います。

みなさんの中で図画工作の授業でやったことがある方もいらっしゃると思う「ひっかき絵」です。

今風に言うと「スクラッチ絵」ですね。

「スクラッチ」とは、あらかじめ下塗りした色の上に濃い色を塗り重ね、上の色を引っかいて削り取り

下の層の色を出す絵画技法のことです。


ただ、ひっかくように描いていくだけなのに出来上がった絵は神秘的!!

次々に現れる色とりどりの世界におとなもこどもも夢中になってしまいますよ。

まずは材料から書いていきますね。

材料

クレパス・画用紙・削れるもの(鉛筆・コイン・木の枝など)・新聞紙


作成方法

  1. 画用紙にクレパスで好きな色を何色も使って画用紙を隙間なく塗りつぶす。
    (塗り方や色の配置は自由気ままでOK!!です)
  2. 画用紙いっぱいに色とりどりに塗った上に「黒」のクレパスで全て塗りつぶす。
    (★クレパスではなくアクリル絵の具の黒で塗りつぶしても良いですよ。)
  3. 爪やコイン、鉛筆や木の枝など好きなもので絵を描く。
    (★今回は割りばしをカッターで削って先を細くしたので描いてみました)
  4. 好きな絵が描けたら出来上がり♪


真っ黒な世界から浮かび上がるカラフルな世界に、手がクレパスで汚れることも気にならないほど楽しいです♪

最近は黒のクレパスで塗りつぶすのが大変ということで「アクリル絵の具」の黒で塗りつぶすことが多くなってきてるようです。


是非、みなさんも「ひっかき絵」で好きな絵を描いてみて下さいね。

水風船で幼児(3・4歳)が喜ぶおもちゃを作ってみたよ♪

2018/09/24
by ブングショップ ドットコム

うだるような暑い日があったり、肌寒い日があったり…

毎日のようにお天気がコロコロ変わりながらも秋が近づいてきてるなと感じる今日この頃

みなさまいかがお過ごしですか。


子どもはそんなお天気など関係なく「満足する遊び」をしたがりますが

大人はヘトヘトになってしまいますよね。


そこで今回はたのしく子どもと一緒につくれるおもちゃを作ってみました。

名づけて「飾ってもオシャレ♪ 子どもとカンタンに作れるカラフルコロコロボール♪」です。

カラフルコロコロボール写真

材料

木工ボンド・水風船・ビー玉か鈴(入れなくてもOK)・糸(手芸用でも麻ひもでもお好みで)


作り方

  1. 水風船を膨らませる。
  2. ※今回、私はちょっと入れるのが大変ですが転がしたときに音が鳴るように鈴を入れてみました)
  3. 小皿にボンドを出してお好みの糸にボンドを絡ませる。
  4. (※膨らませた水風船にボンドを直接つけてもOK!!)
  5. 水風船に糸をグルグルと巻いて貼り付けていく
  6. 水風船の口の部分にひもをつけて吊るして乾かす。
  7. 風船がしぼんでいくのを待つ。
  8. (※中にビー玉や鈴を入れた場合は完全に風船がしぼんでしまう前に針で刺して空気を抜きビー玉や鈴を水風船から出す)
  9. 糸の隙間から水風船を出したら出来上がり♪

コロコロ転がして遊んだあとは吊るして飾ったり網皿に乗せてオブジェとして飾ったり…☆

是非、カンタンなのに可愛くできるのでみなさんも作ってみて下さいねっ。


カラフルコロコロボール写真

水風船のほかにも、お子さまが遊べる商品をたくさん取り揃えております。

たまにはこのお店に遊びに(覗きに)来てくれると嬉しいです。

秋の夜長にオリジナルうちわを作ったよ♪

2018/09/24
by ブングショップ ドットコム

虫の音色を聴きながら秋の夜長を楽しむ季節になりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私はと申しますと…空気が澄み夏とは違った輝きを放つお月さまを観ていると

一句詠んでみようかな…なんてこ洒落たことを思ったりしています。

 だんご

ナント!! 今日は十五夜です。

短冊に一句詠んでちょっとした絵を描いても良いかな…とも思ったのですが

久しぶりに何かを作ってみたいな…と思っていたので詠んだ一句を書けるように

半紙を使ったうちわを作ってみました。


夏の間に大活躍?したうちわ、部屋に転がっていませんか?


 うちわとボンド

子どもと一緒に…俳句仲間と一緒に…夏は終わってしまいましたが「うちわ作り」はいかがですか。

うちわ作りと言っても竹ひごボンドを買って骨組みからつくる本格的なものではなく

こどもが楽しみながら作れちゃうカンタンなうちわです。


★材料★

うちわ・半紙・絵の具・筆・ボンド・刷毛

作り方

  1. いらないうちわを水に浸して紙をふやかし剥がす。
  2. 骨組みだけになったうちわに刷毛でボンドを塗って(私はワイルドに手で塗りました)書道用の半紙をしわにならないように貼ります。
  3. うちわに半紙を貼るシーン
  4. 乾いたら、うちわの形になるように余分な部分の半紙を切ります。
  5. 絵の具で絵を描いたり…俳句をしたためたり…好きなことを書いたらオリジナルうちわの出来上がりっ♪
 うちわの出来上がり


※お好みで厚みをだすために半紙を何枚か貼ったり、和紙のような感じを出すために

わざとクシャクシャにした半紙を貼っても雰囲気のある良い感じになりますよ。


子どもが学校の書道の時間に書いた半紙を貼っても良いですね。

(なかなか子どもの書く文字は躍動感があって良いものです。)


この時期にうちわ?…とちょっと時期はズレてますが、そんなときは来年まで飾ってしまいましょう♪

作った作品を「こんな感じで作ったよ!!」と写真付きでコメントいただけると、とっても嬉しいです。


今日もプログを読んでくださりありがとうございます。

文具はもちろん工作や実用的な商品もたくさん揃えておりので、どうぞ商品ページも覗いていってくださいね。

水風船で氷中花を作っちゃおう♪

2018/09/07
by ブングショップ ドットコム

まだまだ残暑が厳しい日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしですか。

最近は街中や家庭でほとんど見かけなくなった水中花ですが

夏になると歳をとったのか毎年のように子どもの頃の記憶が蘇ってきます。


氷中花写真

大きな氷の中にキレイな花が咲いてるようにとじこめられた氷中花は幼い私を虜にしました。

氷の中の花やキラキラ光るガラス玉が欲しくて指先で氷を溶かして取り出そうとした記憶。

大きな花は取れなくても小さな花やガラス玉が手に落ちたときの幸福感♪♪♪

室内に入り込む太陽光で氷がキラキラ光るのを見るのも好きでした。


…ということで今回は本格的に水中花は作れませんが、水風船で題して「な~んちゃって氷中花」を作ってみました。


材料は…

水風船・ビー玉やおはじきなど氷の中に閉じ込めたいもの

(水風船だとビー玉やおはじきを入れると大きすぎて破ける可能性があるので風船を少し大きなのにしてね)


作り方

  1. 水風船の中に凍らせたいものを入れて水を入れ口を縛る。
  2. 冷蔵庫に1日半入れて凍らせる。
  3. 凍らせた水風船を取り出して水風船を破り、お皿に乗せたら出来上がり♪


小さなお花がなかったのでキラキラ光るものを入れて作ってみました。

今回は水風船で作ったので小さなものしか風船の中に入れることができませんでしたが

大きな風船で作ると入れるものが増えてキラキラ度も増しますよ。


とってもカンタンでキラキラかわいくできるので是非、作ってみて下さいね。

手芸用紙粘土でつくるかたつむり

2018/06/29
by ブングショップ ドットコム

カエルの置物、紙粘土でつくりましたNO1

紫陽花の花の色が日ごとに深まる今日このごろ、皆さまいかがお過ごしですか。

紫陽花には昔から魔除け効果があると信じられているそうで、そう思うと神社仏閣に紫陽花があるのは

何か意味があるのかもしれませんね。

…などと思いながら紫陽花と言えばカタツムリ…なんて思っていたら、いつものように創作意欲がムクムクと湧いてきました。

「前回(カエル)、前々回(リース)と作った時の粘土も残ってるしカエルに続きカタツムリを作ったら

「梅雨ワールドな仲間たち?!」的で一緒に飾っても可愛いかも♪」…と今回は「カタツムリ」を作ってみました。


材料は…

前回(カエル)、前々回(リース)と作った時と同じ手芸用粘土・粘土板・粘土ニス・パレット・アクリル絵の具・絵筆・筆洗い・ボンドです。

題して「かたつむりデート中?!]

  1. 葉っぱを作って乾かす。
  2. 粘土をほそく延ばして渦を巻いて乾かす。
  3. カタツムリの目玉を作って乾かす。
  4. それぞれのパーツを色を塗って乾かす。
  5. それぞれをボンドで貼る。
  6. 粘土ニスを塗って乾かしたら出来上がりっ♪

「土台」

  1. 手で粘土を丸めて軽くつぶす。
  2. 模様をつける(今回は100均一でも売っているプラスチックのレースで模様をつけました。)
  3. 好きな色を塗って乾かす。
  4. 粘土ニスを塗って乾かせたら出来上がりっ♪

まだ梅雨が明けるまでには日がかかりそうではありますが、我が社では文具の他にお家で楽しめる商品も

たくさん取り揃えておりますので是非、商品ページも覗いていってくださいね。


またお客さまから、「このようにした方が検索しやすい」と言ったご意見は大変貴重であり商品ページの改善に役立てたいと

思いますので指摘して頂けると嬉しく思います。


では…次回のプログをお楽しみに…。

カエルの置物、紙粘土でつくりましたNO2

梅雨時期にかわいい置物、カエルをつくってみました

2018/06/26
by ブングショップ ドットコム

カエルの置物、紙粘土でつくりましたNO1

降り続く雨に木々の緑が深まる6月、皆さまいかがお過ごしですか。

雨に濡れるアジサイを眺めながら『カエルやカタツムリは雨を楽しんでるのだろうな…』と思い

久しぶりに長靴をはいてパン屋さんまで散歩がてら歩いてみました。

すると待ってましたとばかりに目の前にカエルがピョンピョン現れて

やっぱり雨を楽しんでる!!いいな~!!と思った私は

おっ!!そうだっ!!

リースを作った時(前回のプログを見てね)の粘土がまだ残ってるし

カエル作っちゃお♪…ということで、またまた粘土細工を楽しみました♪

カエルを作った勢いでカタツムリも作って、まさに「梅雨ワールドな仲間たち?!」

雨音を聴きながら粘土をこねる時間…なかなか良いものです。


材料は…

前回リース作った時と同じ手芸用粘土・粘土板・粘土ニス・パレット・アクリル絵の具・絵筆・筆洗い・ボンドです。

作り方…題して「カエルちゃん!!ただいまデート中?!」

  1. カエルの色々なパーツ(頭・胴体・手足・目玉)を作って乾かす。(作ったパーツの中で頭・胴体・手足は、くっつけた状態で乾かす。)
  2. 飾りの傘を作って乾かす。
  3. カエルの体・傘に色を塗って乾かす。
  4. カエルの目玉に丸を描いてボンドで貼る。
  5. 粘土ニスを塗って乾かしたら出来上がりっ♪

「デート?!の土台」

  1. 手で粘土を丸めて軽くつぶす。
  2. 模様をつける(今回は100均一でも売っているプラスチックのレースで模様をつけました。)
  3. 好きな色を塗って乾かす。
  4. 粘土ニスを塗って乾かせたら出来上がりっ♪

梅雨が明けそうにありませんが、我が社ではお家で楽しめる商品をたくさん揃えていますので

是非、商品ページも覗いていってくださいね。

またお客さまから、「このようにした方が検索しやすい」と言ったご意見は大変貴重であり商品ページの改善に役立てたいと

思いますので指摘して下さると大変、助かります。

では…次回のプログをお楽しみに…。

カエルの置物、紙粘土でつくりましたNO1

梅雨時期におすすめの粘土でつくるリース!

2018/06/06
by ブングショップ ドットコム

粘土で作ったリース


ドンヨリとした曇り空の日が多くなり、私が生活するここ神奈川にも梅雨の訪れがもうそこまで来ていると感じる日が多くなってきました。

そんな毎日を過ごしていると、たまに太陽がのぞいた日には子どものときに大好きだった遊びのひとつ…

ガラス玉(●ビー玉●)を空に透かしたくなります。

大人が一人そんなことをしていたら…きっと要注意人物ですね。

そう考えると子どもだから堂々と遊べる遊びは案外、多いと思いませんか。

思いつくだけでもシャボン玉…(大人が一人でもしていたら怪しまれます)・砂場でダム作り

(通報されちゃうかもしれません)・ありんこの卵採集(ありんこの研究者に思われたりして?)…想像しただけでワクワクします♪

シャボン玉をふく少女

聞くところによると、この中の「砂場でダムつくり」は最近の子どもたちはあまり体験できないそうですね。

服が汚れるから砂場で遊ばせたくない親が多くなってのら猫ちゃんのフンの衛生面もあり公園から砂場が消えつつあると何かで読んだことがあります。


手でこねるあのベチャベチャした感触や、形を作っていく楽しさなどあんな楽しい遊びが

できないなんて可哀そう…と思いつつそれほど遠くない20年ほど前に娘と過ごした記憶をたどれば、そのときすでに

公園で遊ばせておきながら服を汚されたくない親がいたことを思い出しました。


娘と砂場で遊んでいたとき、すぐそばで一緒に遊びたそうに眺めてる子どもの背後に「泥あそびなんてしないでよ!!」と目を光らせながら我が子を見てる親の姿(汗タラリ)

「服なんて着替えさせれば良いじゃん!!」と内心思いつつ楽しく泥遊びをしていたな…と思っていたら手で何かをこねたくなってきました。


…ということで前置きが長くなってしまいましたが今回は久々に創作意欲が沸き粘土をこねこね作ってみました。

材料はこちら、粘土粘土板アクリル絵の具ボンド絵の具パレット筆洗い粘土用ニス・小瓶・麻の紐

★リース★

  1. 粘土にアクリル絵の具を混ぜて色を付けます。
  2. (混ぜずにあとから塗ってもかまいません)
  3. 粘土を手のひらで転がしながら細く延ばしてリースを作ります。
  4. 輪(リース)に飾るパーツを作って乾かします。
  5. ①のように粘土に色を混ぜてから作ってなかった場合は絵の具を塗ります。
  6. ボンドでパーツを付けていきます。
  7. 光沢を出すために粘土用ニスを塗って出来上がり♪

雨の日が多くなるこれからの季節、お家で楽しめる商品も取り揃えておりますので是非、商品ページも覗いて行ってくださいね。


文房具の代名詞、それは鉛筆!

2018/05/02
by ブングショップ ドットコム

4月…とうとう終わってしまいましたね。

新しいことがスタートする4月は1年のうちで1番自分の名前を書くなぁ…なんて思ったりしませんでしたか?✐

…ということで今日は何かと「文字」に触れる機会が多いこの時期にちなんで、また書くときに紙の上をなぞる感触が好きな私の独断で「鉛筆」について書いてみたいと思います。

「鉛筆」…読み方は「えんぴつ」…(そんなこと知ってるわ!!って?…はい。お静かに…)

「鉛筆」の文字の「筆」の前に「鉛」という字が入ってますね。

「原料に入ってるからでしょ!!」と誰もが想像つくと思いますが当たりです。

ではなぜ、昔は人の生活の身近にあった「炭」ではなく「鉛」なの?と思いませんでしたか?

(そんなことを思うのは私だけ…?!)


では、どのようにして人間と鉛筆の原料である「鉛」とが出会ったのかをザッと説明しちゃいます。

✐えんぴつのおいたち✐

今から458年前に【イギリスの国旗の絵文字】イギリスのボローデール鉱山で良質の黒鉛(こくえん)が発見されたそうです。

その黒鉛は黒くなめらかな性質だったので、こまかく切ったり、にぎりの部分をヒモで巻いたりして

筆記具として使われるようになったのが「鉛筆」の始まりだとか。

それは黒鉛を板状か棒状に削って板にはめ込む簡単なものだったそうです。

手が汚れないようにそのようにしたのだと思いますが、このときから鉛筆の芯は木と共にセットされていたんですね。

そのあともまだまだ鉛筆の改良は続きます。

この200年後には黒鉛の粉を硫黄などで固めた芯(しん)を作り、235年には硫黄の代わりに粘土に黒鉛を混ぜたのを焼き固めて芯を作ったそうです。

さらにこの混合の比率を変えれば芯の硬度が変化することを発見したというから驚きです。

今現在も基本的には、このコンテの方法でえんぴつの強度が決まり芯は作られているそうですが 何とも!

これは人間が字や何かを書くことに必要性を感じてるからこその開発であったことが感じられますね。

なんだか鉛筆がとっても愛しく感じてきませんか?

鉛筆はとっても奥深いのですが、くどくなってしまうのでここからはちょっとしたクイズ&豆知識を書いていきます。

✐鉛筆の豆知識✐

✐Question①✐

今、生活の身近にある筆記具の中で一番長く書くことができるのは何だと思いますか?

そうです。鉛筆なんです✐

なんと!!

機械を使って削らないで芯を使うとフルマラソンの42.195kmよりも長い約50kmも書けるそうです。

50kmの距離を歩こうとしたら人間の歩行速度は、時速4キロと言われているので休憩なしで12時間30分の距離を書けるということになります。

気が遠くなる距離を鉛筆1本で書けてしまうってことですね。

参考までに他の筆記具と比較してみると油性ボールペン約1.5KM シャープペン約240M 蛍光ペン約150Mだそうです。

鉛筆ダントツです。

✐Question②✐

鉛筆には六角形が多いのは何故だと思いますか?

それは転がらないため、持ちやすいためだそうです。

鉛筆を握ったとき、必ず親指・人差し指・中指の3点で押さえるので3の倍数である必要があるからだそうです。

いかに転ばせてはいけない環境で(授業とか)使うことが多いなども、ちゃんと考えられているのですね。

ここでふと「でも色えんぴつは丸軸が多いと思うのだけど…」と思った人いませんか?

よく気づきましたね☆

気づいたあなたは文具好きですか? そうだとしたら私は嬉しいです。

色えんぴつは文字を書くだけでなく絵を描くために使ったり、色々な持ち方をして使うことが多いので指あたりのよい丸軸にしているそうです。

✐Question③✐

1本の木…たとえば直径2メートル、高さ20メートルの木からは何本の鉛筆がとれると思いますか?

すぐには想像がつかないのですが75万から80万本もえんぴつがとれるそうです。

【いろんな鉛筆・色鉛筆をテーブルいっぱいに広げた写真とか】

なんだか鉛筆が愛おしく懐かしくなってきませんか?

そういう人のために「鉛筆のような書き味」のシャープペンもありますよ。

ジャン!! こちらです↓

では、ここでQuestionは終わりにして日本で一番古いと言われている鉛筆についてちょっと書きますね。

なんと!!

静岡県の徳川家康公を御祭神とする「久能山東照宮博物館」に徳川家康の遺品(いひん)として1本だけ展示されてるそうです✐

記録が残っていないので、どのような経緯で日本に渡ってきたか分かりませんが、その当時、属領(ぞくりょう)であった フィリピンから家康に献上(けんじょう)されたものであろうといわれています。

うんこ漏らしの家康」と知られている(家康さんごめん。まだ私、漏らすほどの恐怖を経験したことない)「家康さん」が 現在も残存する最古の【✐】鉛筆を使っていたとは…。

何を思い使っていたのか思いをはせてしまいますね。

武将シルエット

この博物館には家康公の日常品(手沢品)や徳川歴代将軍の武器・武具が充実している博物館なので観光がてらに寄ってみても良いですね。

(鉛筆の歴史は古い…なのに隅に追いやられてる感ある鉛筆ってかわいそう←こころの声)

では、最後に私が勝手に思っている文具の三角関係についてちょっとだけ…

登場文具の紹介をします。

  1. 字を覚えるときにはモテはやされるのに、いつしか存在が薄くなっていく悲しい存在の鉛筆✐
  2. 常に進化し使う人のニーズによって使い分けられるノート
  3. 人間が極力、力と気を使わず楽に消せることを追求され続けてる消しゴム

感の鋭い人は私が何を書こうとしてるか分かっちゃいましたね。

まずは今日ここまで書いてきた「✐鉛筆✐」がどのようにして書けるのか…。

それは①芯が紙に当たる→②芯が砕ける→③砕けた芯に含まれている「黒鉛」が「紙の繊維」に絡みつくからだそうです。 !!!!!

!これを知ったとき私の癖である妄想が始まってしまったのでありますが…。

なめらかに書かけることを追求するノートと、そのノートに絡んで絡みついて文字や絵を残したい鉛筆の黒鉛、そこへ登場するのが、この光景を遠目に見ていたかどうかは知らないが重要な存在の消しゴム

この消しゴムの存在は鉛筆の黒鉛にとってとても大きく、消しゴムが現れ接触した途端、ホイホイと 消しゴムにくっついて黒鉛はノートから離れてしまうのだ。

ならば鉛筆と消しゴムは相思相愛か?!と思いきや、いやいや…そう簡単ではなくノートも消しゴムも

鉛筆を軽く消せるノートair-in消しゴムが存在するのだ。

これは商品のほんの一部のことなのだけど、「素晴らしき三角関係だ!!!!!」と私は思ったのであります。

…と同時に心の中で「鉛筆がんばれ!! シャーペンよりも鉛筆が好きだ!! 」だけど実は鉛筆よりもボールペンが好きなのだ!!(鉛筆ごめん!!)

ちょっと話が脱線してしまったので、ちょっと真面目に戻って、少しおさらいしながらどのようにして 鉛筆の黒鉛が紙からはがれるのかを説明します。

鉛筆の黒鉛は紙に絡まって文字などを残すのですが、黒鉛は紙よりも消しゴムの方がくっつきやすく くっついたら最後、消しゴムのカスに包まれて黒鉛は紙からはがされるらしいのです。

すごいですね…それぞれの役割分担を最高の状態に近づけるように商品開発されていく日本の文具業界。

私事になってしまいますが3年ほど前、海外の友だちが日本のシャープペン・トンボのモノグラフを使って字を消そうと消しゴムを出したときに感動して言った「Japanese technology」が忘れられません。

すごいですよね。

しつこいけど日本の文具は素晴らしいです。

最後の方は「鉛筆」のことではなく「消しゴム」のことについて書いてしまいましたが これからも個人だけでなく世界が注目してる日本の文具について書いていきたいと思います。

楽しみに待っていてね…

(追伸…ペタペタ「確かに書いた文字に消しゴムを押し付けただけで少し字が消えるな…」こころの声)

便利でオシャレ♪ 新生活に向けて新調したい「筆箱」特集!

2018/03/28
by ブングショップ ドットコム

いよいよ待ちに待った春! 暖かな空気が満ちるにつれて、進学・就職・転職などなど、新生活の準備も始まる頃ですね。


学生さんの勉強や社会人の事務はもちろんのこと、引越しなどのプライベートな手続きにも欠かせないのが「筆記用具」です。

それを入れて持ち運ぶための「筆箱」も、気分を一新するために新調してみてはいかがでしょうか?

今回は、そんな新生活のお供にぴったりな筆箱をご紹介します!

【大人向け】

まずは大人向けの筆箱です。

シンプルかつスタイリッシュで、使いやすさも兼ね備えたアイテムを厳選。

どちらも性別を問わずオススメできます♪

革製 シース 2本差(ブラウン)

革製 シース 2本差(ブラウン)
2,180円

高級感のある牛革とベルト留めのフタが、大人のムードを漂わせます。

スムース仕上げで手触りも抜群! ワンランク上の雰囲気と使い勝手を実現しました。


普段使いはもちろんのこと、営業先で重要な書類に記入する時や、契約の現場などでおおいに映えます!

サッと取り出してスマートに使えば、貴方の格も上がりますよ♪


ご自分用だけでなく、入学や就職、還暦などのプレゼントにも最適です。


ペンケースC2ピンク

ペンケースC2ピンク
758円

すっきりスリムな形状なのに、容量たっぷりでトレー状にも開ける珍しいペンケースです!

たくさん入れても中身が見やすく、持ち運びするのにも、机に置くのにも便利。

ファスナーはボタンで留めれば持ち手になるので、会議などで社内を移動したり、外出する際にも便利です♪


本来の筆箱として使うのはもちろん、化粧ポーチや、サイズ的にぴったりなマスキングテープのケースにもオススメ。

「トレー状に広げて置ける」機能を生かして、いろんなアイデアで使い方を広げてください!


【子ども(女の子)向け】

お次は、子ども向けの筆箱です。

可愛らしいのに機能はしっかり。もちろん大人の方でもご愛用頂けます!


ファスナーポーチ パンダ

ファスナーポーチ パンダ A7716-6
1,098円

筆箱には珍しい、ほぼ真っ白なデザイン。

でもシリコーンゴム製で水洗いできるので、汚れを気にせず普段使いできます♪

軽い汚れなら、ウェットティッシュでふけば簡単に落ちます。

容量もたっぷりあるので、ハサミや定規、ノリなどの道具もどんどん入れられます。厚みのあるチューブ等もスッと入るので、コスメポーチとしてもオススメですよ♪

ダブルファスナーで開けやすいのもうれしい。柔らかい手触りにも癒されます!


スリムファスナーポーチ シバイヌ

ファスナーポーチ パンダ A7716-6
798円

大人気のアニマルポーチシリーズの、こちらはスリム版です。

基本のペンや定規を入れるペンケースとして、または歯ブラシポーチとして、スリムで細長い形を生かしてください!

丸洗いできて汚れにくい素材も健在です♪


なお、この「プニラボ」シリーズは、パンダとシバイヌのほかにクマ・クロネコ・ハチワレネコ・ブタの計6種類があります。

形も立てて使える「スタンドペンケース」などがあるので、あなたのお好みとデスクの環境によって最適な商品をお選びください♪


他の製品はこちら↓

SMART FIT ACTACT スマートフィットアクタクト

【子ども(男の子)向け】

続いては、男の子向けの筆箱です。

スポーティーでシンプルなデザインを厳選しました!

また、道具が多くなりがちな男性のために、容量の多さと丈夫な素材にもこだわっています。


UMBRO ミニペンポーチ ブラック

UMBRO ミニペンポーチ ブラック
848円

サッカーとラグビー用品のブランド「UMBRO(アンブロ)」のロゴが入った、シンプルなペンポーチです。

スポーツバッグを思わせる形と、ファスナーの引き手にまで入ったロゴがオシャレ!

バッグやジャケットと合わせてコーディネートすれば、より通な雰囲気になりますよ♪


もちろんたっぷり入る容量や、軽くて丈夫なナイロン素材といった使い勝手の良さも魅力。

エナメル素材で内側にロゴパターンが入った商品や、中身を小分けにできる2段式の商品もあります(後述のカテゴリーページを参照)。


スポルディングC 橙 ペンケース SPF120D

スポルディングC 橙 ペンケース SPF120D
848円

一見スリムで細身なペンケースですが、実は縦にも横にもぐんと伸びるストレッチ素材を使用しています!

なんと、500mLのペットボトルが丸ごと1本入る驚きの収納力。


スマホなどの幅がある物も余裕で入るので、筆記用具以外の小物もまとめて持ち運べます♪

出先で急に物が増えても安心ですよ!


両端にはベルトを通せるループが付いているので、持ち手を付けたりバッグに付けたり、便利に活用できます♪


他にも多数のスポーツブランドの筆箱があるので、ぜひご覧ください!


スポーツブランドペンケース


以上、便利さとデザインにこだわった筆箱の特集でした!

最近の筆箱は、素材の進化や形の工夫によって、単にペンを入れるだけでなく、いろんな使い方ができるようになっています。

個性的な商品がたくさんあるので、ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね♪

身近な魅力を再発見!ボールペンの歴史と進化した「ゲルインクボールペン」のご紹介♪

2018/03/26
by ブングショップ ドットコム

ボールペン。

軽くノックするだけでスラスラと文字が書け、こすったり消しゴムをかけたりしても消えない便利な筆記具です。

すっかり普及した身近な道具ですが、それだけに、本当の良さや商品ごとの違いはいまいち実感しにくいのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなボールペンの良さを再発見して頂くために、ボールペンの歴史と進化した最新の商品をご紹介します!

驚きのハイテク技術と書きやすさを、ぜひご体感ください♪

ボールペンの歴史について

まずは、ボールペンの歴史についてです。

ボールペンは、1943年にハンガリーで発明されました。

日本に入ってきたのは太平洋戦争が終わった1945年で、進駐したアメリカ兵によって持ち込まれたそうです。

発明の2年後には、ヨーロッパからアメリカに伝わって、一般庶民にまで広く普及していました。

このことから、ボールペンが発明直後から絶大な支持を得ていたことが分かります。

その後、日本でもボールペンの生産が始まりました。

もっとも当時の製造技術は未熟なもので、書きにくく壊れやすかったため、なかなか普及しませんでした。

現在のように高品質で使い勝手の良い商品が登場したのは、1950年代。その後は広く親しまれるようになりました。

なお、水性ボールペンは1964年に海外で開発されて、1972年に日本で発売されました。

現在主流となっているゲルインクのボールペンは、1984年に日本で開発されました。

にじみにくくダマができにくいという特長から、さらに人気を博しています。

おすすめのゲルインクボールペン

さて、そんな歴史を経てたどりついたボールペンの完成形とも言えるのが、「ゲルインクボールペン」です。

なめらかでサラサラとした書き味が特長で、かすれにくく、濃い文字が書けます。

そんなゲルインクボールペンの中から、最新技術を取り入れたオススメ商品をご紹介します!

サラサクリップ03 黒 P-JJH15-BK

サラサクリップ03 黒 P-JJH15-BK
79円

当店一番の売れ筋かつロングセラー商品です!

その名の通りサラサラとした書き味が自慢で、持ちやすいグリップや、字がキレイに見える0.3mmの絶妙な芯径などなど、こだわりが満載。

耐水性と耐光性に優れたインクで、にじまずに鮮やかな文字が書けます。

また、折れにくくて丈夫な「バインダークリップ」を採用。厚いボード等にも難なくはさむことができます。

インクのカラーも豊富で、お得な5色セットもご用意しています!

サラサクリップ0.3 5色セットA JJH15-5CA
438円

サラサクリップ0.3 5色セットA JJH15-5CA

エナージェルノック 0.5黒 XBLN75-A

エナージェルノック 0.5黒 XBLN75-A
148円

「スッと書けてサッと乾く」速乾性がうれしい、黒ボールペン。

従来のインクよりもなめらかさを増した「エナージェルインク」を採用しており、インクの出を速めました。

高級感があって持ちやすい造りと、クリアで鮮明な文字はビジネスシーンにぴったり!

ペン先が細く長めなので、細かい文字も楽に書けます。

ユニボールシグノ307 ゲルインクボールペン 0.5mm ブラック

ユニボールシグノ307 ゲルインクボールペン0.5mm ブラック UMN307-05.24
158円

書き味の良さを誇るゲルインクボールペンの中でも、特に速書きに向いたペンです。

日本発の新素材「セルロースナノファイバー」を配合したインクは、書く速度に合わせて粘度が変化します。そのため文字や線がかすれにくく、くっきりと書けます。

また、インクが紙に素早く移ってペン先に溜まりにくいので、ゆっくり書く時にできやすい「インク溜まり(ダマ)」もできにくくなりました!

上質感のあるカーボン模様のデザインで、ビジネスシーンにも最適。伊勢志摩サミットの応援アイテムとして採用された特許出願済の技術を、ぜひ体感してください!


上記の他にも、多数のゲルインクボールペンを取り揃えております。

カテゴリーページ 「ゲルインクボールペン」で、ぜひお好みの一品を見つけてください!

ゲルインクボールペン


いかがでしたでしょうか?

旧式のボールペンとは一味も二味も違う「ゲルインクボールペン」の世界に、驚かれたことと思います。

何気なく選んでいた普段使いのボールペンを、これを機に見直してみることをオススメします!


「まだ使ったことがなかった」という方は、ぜひ驚きの書きやすさを体感してみてくださいね♪

ブログアーカイブ ブログアーカイブ