ブングショップドットコムは豊富な品揃えと安さが魅力の文具・文房具・事務用品のインターネット通販ショップです。

★★★心に華を…なんちゃって…★★★

2019/06/11
by ブングショップ ドットコム
お花折り紙

最近、元気が出ないことが続いています。

何があったわけではないのですが、気分が乗りきらないことが多いです。

五月病?!…を通りすぎて6月病?


そう…実は私、メンタル弱いのです。

「いつもテンション高いねっ!!」と言われるから

今の状態がちょうど良かったりして…。


いやいや…きっと海外に住むお友だちと

夜中にメールしてるから、ただの睡眠不足かもしれない。

うん。きっとそうだ。

外国にルーツを持つ人は日本人でもわからないことをよく聞いてくる。


「日本人は、なんでたくさん鶴を作って飾るの?」


はじめ何を言ってるのか分からなかったけど、日本を観光してる時に

いろんなところで千羽鶴を見たらしい。

一通りの説明をしたあと「◎◎◎(わたしの名前)もおりがみ折れるの?」と聞いてきた。


「もっちろんだよ~!!!!!!!!!!」


真夜中に鶴を折りだすわたし…。

真夜中にカエルを折って、ピョンピョン飛ぶ動画を撮って友人に送信するわたし。


「スゴイ!!◎◎◎(私の名前)スゴイ!!」と言われ

真夜中に調子のって次に作ったのが、このお花♪


海外に住むお友だちの反応???

感動しまくりです。(思わずガッツポーズするわたし)

うむ…一体、私、真夜中になにやってるんだか…。


では…その「感動された」お花の作り方を説明をしていきますね。


☆材料・お花1輪分

おりがみ5枚・輪ゴム1個

折り紙「お花」作り方

☆作り方☆

  1. おりがみ5枚を半分に折って、その折り線に合わせてもう一度折って…蛇腹に折る
    折り紙「お花」作り方1
  2. 両サイドをハサミで丸く切る
    折り紙「お花」作り方2
  3. 真ん中を輪ゴムで留める
    折り紙「お花」作り方3
  4. おりがみが破れないようにやさしく開いていく
    お花の形を整えたらできあがりっ♪
    折り紙「お花」作り方4


できあがり お花1
できあがり お花2

組み合わせる折り紙でいろんなバリエーションのお花ができてかわいいよ。

たくさん床に敷き詰めて「お花の小道」を作ろうと思ったけど

誰かのパーティでもないし睡魔に負けて今日は4個でおわりっ。


おりがみを広げて「花」にしていくときに、ちょっと破れやすいけど破れても大丈夫☆

そのまま広げてみてねっ♪

子どもの想像力は無限大だぁ!!

2019/05/22
by ブングショップ ドットコム

私の学生時代の友人のお子さんが今年、小学校へ入学しました。

ピッカピカの一年生はランドセルが大きすぎてかわいい~です!!


「入学準備は私にまかせてねっ!!」と2月頃から友人にかって出て

入学お祝いはモチロンのこと、入学してからも小学校で必要なものを

品揃え抜群のブングショップでお買い上げ♪

せっせせっせとお友だち宅に運んでる私です。


3月末、入学お祝い品を選びながら思ったのですが今は

「えんぴつはBか2B。華美でないもの」や

「おどうぐばこはA4用紙が入る大きさで」など

書き出したら切りがないほど学校から指定があるそうですね。


確かに…私の子どものころと比べるとかわいいキャラクターが増えています。

書き味は…あまり良くありませんが(ふふふ。ちゃっかり試してるわたし)海外製のえんぴつは

どぎつ~い!!と思うような柄のものも…。


もう過ぎてしまいましたが、ゴールデンウィークに友人の子ども・私の小さなボーイフレンドが「会いたい」とラブコールをしてくれたので会いに行ってきました。


会いに行くと…私が去年のお誕生日に買ってあげたプレゼントのひとつのソニックの右利き用のハサミを渡され友人の子どもは私が入学お祝いの品のひとつのソニックの左利き用のハサミで折り紙ををチョキチョキ…♪

(友人の子どもは右でも左でもハサミを使うことができるのです。どちらが利き手かまだハッキリしないので両方使ってみて~とプレゼントしたのです)


何をつくるのかなぁ…と見ていると…。

マクドナルド屋さんごっこのポテトでした。

ポテト以外はすでに友人の子どもがハンバーガーやジュースをおりがみで作っていたんだな…♪

最近の子どもは「自分で遊びたいものを作る」ことあまりしないから感動しちゃったよ。

そしたら私も何か作りたくなってしまって…お茶を用意してくれてた友人を横目で見ながら


「小学校の図書室に行ったことある?

そこで借りた本をどこまで読んだかすぐに分かるように「しおり」作ろうか?」と私。


「お茶…冷めちゃうよ」…と友人。

(おぉぉ…友人の目がこわい…こわい)


「ねぇ…作ろう」とこしょこしょ話で小さなボーイフレンド。


「じゃぁ♪ササッとお茶飲んだら「栞」つくろうか♪」と私。


「うんっ♪」と小さなボーイフレンド。


なんともいたずらっぽい目がかわいくてたまらなかった☆



…ということで久々にプログを書いたこともあり、長くなってしまいましたが

今回は小さなボーイフレンドと楽しく画用紙と色鉛筆を使って栞を作ってみました。

色鉛筆の色は素朴で温かみがあるな…と思いながら…☆

 しおり1
 しおり2
 しおり3
 しおり4
 しおり5


材料は…

画用紙・おりがみ・色鉛筆・パンチ・のり


作り方

  1. 画用紙を好きな大きさに切る。
  2. 色鉛筆で模様を描く。
  3. パンチで穴を開ける。
  4. 折り紙をパンチであけた穴に通るくらいに細くして穴に通して結んだらできあがりっ♪


ほのぼの~とした「栞」ができあがりました。

教科書にはさんだり、本にはさんだり…☆

メッセージをそえて遠く離れた友人のお手紙に添えるのも良いですねっ。


今回は画用紙や色えんぴつなど子どもが使う商品の紹介をしましたが

ブングショップでは新社会人にピッタリの大人っぽい筆記具など、たくさんの商品を取り揃えております。

ラッピングも随時、受け付けておりますので、是非、商品ページものぞいていってくださいねっ。


★心からの鎮魂をこめて…★

2019/03/11
by ブングショップ ドットコム
鶴 折り紙 写真


2011年3月11日「東日本大震災」

ブングショップがある海老名市も震度5強という激しい揺れに

スタッフが一か所に集まり揺れが落ち着くのを待ちました。

余震が続く中、震源地が遠く何100kmも離れた場所と知り

被災地はどんな状況なのだろうと想像するのが恐怖でした。


震災から数年後「観光することも復興支援になる」と思い

被災地を訪れた時には、ことばを失いました。

カーテンが風に吹きさらされた状態の3階たての校舎・プレハブ小屋の飲食店・

青空床屋・トラックだけが行きかう更地の道。

記憶に刻まれる大災害は被災地の人にしか分からない恐怖だったと。


プレハブ小屋の飲食店で海鮮丼を食べ

自由に書いて良いテーブルと壁にことばを残し

「また来るね」と手を振った。


震災直後から何十万羽という「千羽鶴」が

世界各地から被災地に届けられたと聞きました。


平和・絆・鎮魂・希望

祈りと願いをこめて…。

★★くす玉(24面体・36面体)を作ったよ♪★★

2019/03/09
by ブングショップ ドットコム

雨が多い今日このごろ…

北は北海道から南は沖縄までいらっしゃるみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ここ神奈川県海老名市にあるブングショップのまわりを少し歩いてみると

野の草花がいつの間にかに生えていて春がもうそこまできているのだなと感じます。

春は四季の中で3番目に好きな季節ですが、なぜか今年は待ち遠しく感じます。


話は変わりますが、みなさんは「おりがみ」を手にとることはありますか。

先日、部屋の片づけをしていたところ娘が4・5歳の時によく作っていた24面体が出てきました。

外出先で覚えてきた作り方を、私に一生懸命に教えてくれたことを懐かしく思い出し

愛おしく・大切なものに感じ、部屋に飾りました。


部屋に飾りながら「久ぶりに折ってみようかな…」と折り始め

色の組み合わせで雰囲気の違うものができあがり…

「おりがみの魅力って作り上げることかも?」なんて真面目に思ったりしてたら

こんなに作ってしまいました。


ついでに36面体も…と欲が出て…作っちゃいました。

こちらは…組み立てるのが大変でした。


今回は半月盆に飾ってみましたが、紐をつけて吊るしてもかわいいと思います。


☆材料☆

24面体:おりがみ12枚 | 36面体:30枚


単色で作ったり、色を変えたり、和紙で作ったり…♪

ふたつ前のプログに載せた「おりがみで作ったイノシシ」をちょっと乗せてみたり…

紐をつけてモールにしてもかわいいだろうな…♪

24面体くす玉
24面体くす玉

笑う門には福来る・正月遊び「福笑い」

2019/02/03
by ブングショップ ドットコム


今日は松の内に忙しく働いた女性をねぎらうともいわれる「小正月(女正月)」の最終日。

忙しい現代女性にとって、この言葉の存在すら薄れてきているように感じます。

時代の流れと言ってしまえばそれまでですが

子どもの世界もなんだか慌ただしくお正月の過ごし方が変わりつつあるのだな…と

毎年のことながらさみしい気持ちになっています。


私が小学生のころの話をしますと冬休みの宿題の課題は学年が上がっても「凧作り」でした。

「宿題」なので絶対に作らなければならず、父親に教わりながら

毎年、毎年、レベルアップした凧を作っていました。

初めは苦痛なのですが、デザインを考えて竹ひごの種類を

丸竹にするか平竹にするか悩み、カッターで

竹の細さに変化をつけてみたり…♪

いろいろと試しながら作っているうちに、いつの間にか楽しくなって一気に作ったものでした。


こんなことを懐かしく思い出しながら今回、久しぶりに凧を作ってみようかな…と思たのですが

きっと勝手に田んぼの中に入ったら通報されるだろうし、公園で凧を揚げて電柱に引っかかったりしたら…など

考えてみたら揚げられる場所がないことに気づきました。

それで今回は家の中で楽しめる「福笑い」を作ってみました。


「福笑い」の子どもの頃の記憶は、何でもできてしまう大人がヘンテコな顔にしてしまうことが面白くて

笑い転げていた楽しい思い出のある正月遊び♪

今では色んな絵柄の福笑いがありますが、私は王道の「おかめ」で作ってみました。

今回も作り方はカンタンです。

お子さまが、いつも描いている絵で「福笑い」を作っても楽しめそうですねっ♪


☆材料・道具☆


☆作り方☆

  1. 画用紙に「おかめ」の顔の輪郭を描く。
  2. 顔のパーツを色画用紙に描いてハサミで切り抜いていく。
  3. 画用紙のまわりに好きな柄の和紙おりがみを枠になるように貼ったらできあがりっ♪
おかめ作り方


あと数日もしたら大寒で冬将軍が訪れます。

雪舞う景色を温かい部屋から眺めながら「福笑い」して笑ったら(笑う門には)

冬将軍と一緒に「福来る」かもしれませんねっ♪


ではみなさま…これから寒さが本格的になってきます。

どうぞ風邪をひかないようお過ごしくださいませ。

☆寒中お見舞い申し上げます☆

2019/01/17
by ブングショップ ドットコム


寒中お見舞い申し上げます。


寒の入りを過ぎ寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

早いもので2019年という新しい年を迎えてから半月が過ぎようとしています。


毎年「今年はこんな1年にしたいな」と考えワクワクするのですが、みなさまも 達成したいこと…実行したいこと…あんな願いやこんな願い…抱負を抱かれたことと思います。

私はと申しますと、とても漠然としていますが今年は「勇猛果敢」という成句がある「いのしし年」なので 「何事にも全力で取り組み、楽しむときは全身全霊を使って思いっきり楽しむ1年にしたい」と思っています。


イノシシ繋がりでもう少しイノシシの話をいたしますと、晴れた日には、ここブングショップから 万病に効くと言われているイノシシのお肉(猪鍋)を食べることができる大山を望むことができます。

世間では「イノシシ年には何かが起こる」と言われていますが、その「何か」は「発展」だと信じて 今日はパワースポットでもある大山を眺めながら干支であるイノシシをおりがみで折ってみました。

風水では、その年の干支から「時の運」を頂けるので飾ると良いと言われているそうです。

額に入れて飾ったら365日、時の運を運んできてくれちゃったりして♪…なんて

ちょっと欲張りなことを考えてしまいました。


では材料と作り方を紹介していきますね。

☆材料☆

画用紙(色画用紙)・おりがみ・のり・額・ハサミ


☆作り方☆

  1. 画用紙を額の大きさに切る。
  2. 細長く切ったおりがみを画用紙の端を縁取るように貼る。
  3. おりがみで2種類のサイズのイノシシを折る。
  4. 額の大きさに切った画用紙(色画用紙)に、おりがみで折ったイノシシを貼る。
いのしし折り図


いのしし完成図


とてもカンタンなのに額に入れるとおりがみの発色がとても綺麗なので映えますよ。

イノシシに限らず何かおりがみで作った時には是非、額に入れてみてくださいね。

折ったおりがみが見違えるほどキレイに特別なものに感じますよ☆


外は寒風が吹く真冬ですが、あと数ヶ月もすると新学期・新入学の季節ですね。

門出にふさわしいお祝い品や新入学商品など数多く取り揃えていますので 是非、商品ページものぞいていってくださいね。


ラッピングも随時、受け付けておりますので、贈り物としても安心してお買い求めいただけます。

最後になりましたがイノシシの干支の特徴は「勇気と冒険」だそうです。


今年も「勇気と冒険」を持って?!プライベートなことも盛り込ませながらプログを書いていきたいと思いますので どうぞよろしくお願いします。

☆新年明けましておめでとうございます☆

2019/01/07
by ブングショップ ドットコム

新年明けましておめでとうございます。謹んで新春をお祝い申し上げます。

旧年中は、たくさんの商品をお買い上げくださり、誠にありがとうございました。

本年もたくさんの商品を取り揃えていきますので、どうぞお楽しみに…☆


新しい年の幕開けから数日が経ち、今年、入学や進学、就職を迎える方にとっては心新たな1年の始まりのことと思います。

年齢とともに「だるま」の顔つきに惹かれ「願掛け」をすることが多くなっている私はお正月早々、風船で、だるまを作ってみました。

もちろん「願」をかけながら…♪

風船だるま

だるまは地域によって顔つきが違い、宗派によって目を入れる順番が違うと聞きます。

ですが、願をかけながら片目を入れ、願いが叶ったときにもう片方の目を入れるというのはどこの地域によっても同じのようです。


本来は片目ずつ入れる目ですが、今回は「今年1年の見通しが去年よりも良くなりますように」…との願いを込めて、この風船だるまには、パッチリと両目を開かせてみました。

願いを受け止めた感ありありの凛々しい顔つきの「だるま」ですよねっ♪(いつもながら自画自賛♪)


今回は風船でだるまを作りましたが、本物のだるまに心静かにすった墨で願いを込めながら

だるまに目を入れるというのも心改まる新年にふさわしい時間で良いものです。

(このとき、筆にたくさん墨を吸わせてしまうと黒い涙を流した目になってしまうので注意が必要です)


だるまのお話が長くなってしまいましたが、この可愛くて親しみの持てる風船だるまの作り方を紹介しますね。


☆材料☆

風船・折り紙・ボンド・モール(リボン・糸でも良いです)

ビー玉(風船が安定するように「おもり」として入れるので石でも良いです)

風船

☆作り方☆

  1. だるまの顔・まゆ毛・目・ヒゲなどのパーツを、おりがみに書いてハサミで切る。
  2. 風船の中におもり(石かビー玉)を入れて膨らませる。
  3. 風船の口を縛り、だるまのパーツをボンドで貼っていく。
  4. だるまを乗せる台座をおりがみで作り、その上にだるまを乗せる。
  5. 風船の縛ったところをモールやリボン、糸などでかわいく結んだらできあがりっ♪


何色かの風船でいろんな色のだるまを作ってみました。

カラフルでとてもかわいいですよねっ。

一般的なサイズの風船で作ってみましたが、水風船でチビチビサイズのだるまを作ってもかわいいと思います。

風船だるま

寒さがいちだんと厳しくなってきました。

みなさま風邪などひかぬようお過ごしくださいませ。

☆ブングショップに訪れて下さったみなさま心より感謝申し上げます☆

2018/12/25
by ブングショップ ドットコム

☆ブングショップに訪れて下さったみなさま心より感謝申し上げます☆


2018年の冬…そして平成最後の12月も残すところあと僅かになりました。

今年1年、みなさまにとって、どのような1年だったでしょうか。


私はと言いますと個人的な話になってしまいますが、「子離れに苦しんだ1年」でした。

ですが、ここに載せた数々の作品は子どもが小さかったころに作ったことがあるものが多く何かを作ることで「無」になり癒される時間でもありました。


子どものように「おりがみ」を折り、子どものように「粘土」をこね、子どものように「絵」を描き、子どものように手を「糊」でベトベトにして…

ここ数年、「おとなのぬりえ」が流行っているのも私が作りながら感じた「無心になれて、いつの間にかに癒されて、作品が出来上がる楽しさ」があるからだと思います。


そして今回、2018年最後に作ったものも、私は癒されていたのでしょう…たくさん作ってしまいました。

見た目からは「おりがみ」で作ったとは思えないようなステキな箸置きです。(いつもながら自画自賛するわたし)

箸置きできあがり
箸置き 1
箸置き 2

今回は和紙独特の温かみと雰囲気を出すために「和紙折り紙」で作りましたが和紙ではなく、好きな柄の折り紙や画用紙でもカンタンに作ることができる箸置きです

では、いつものように材料や作り方を紹介していきますね。


☆材料・道具☆

牛乳パック・ハサミ・のり・折り紙・ニス


☆作り方☆

  1. 牛乳パックを5から7ミリ×15センチの長さに切る。
  2. おりがみを15ミリから21ミリ×15センチに切る。
  3. 牛乳パックに糊を出すつけて,おりがみを巻いて、最後をのりで留める。
  4. 真ん中にコブがくるように結ぶ。
  5. 結んだ先に糊をつけて裏側の結び目の隙間に入れてリボンの形にする。
  6. 完全にくっついて乾いたらニスを片面塗る。
  7. ニスを塗った片面が乾いたら裏面にもニスを塗る。
  8. 乾いたらできあがりっ♪


とってもカンタンでしょう♪

今回はお箸に付いた水分で折り紙がふやけないように、最後にニスを塗りましたが

気になる場合はニスを塗らなくても箸置きとして使うことも可能です。


おりがみの模様によってカジュアルにも和風で高級感ある感じにも作ることができるので

いろいろとアレンジして作るのも楽しいですよ♪

これからお正月がきますので半月盆などに箸置きとお箸、おりがみで折った折り鶴を

一緒に飾るだけでも、お正月気分が盛り上がりそう♪

春には桜模様で、秋には温かい色味のあるおりがみで…☆

身近にある材料でカンタンに作ることができるので、みなさんも作ってみてくださいね。

箸置き勢ぞろい


最後になりましたが、今年、みなさまがこのブングショップに訪れて下さったこと心より感謝いたします。

このプログが今年最後のプログになりますので、この場を借りてご挨拶申し上げます。

来年もみなさまが検索しやすく、欲しいものがすぐに見つかる商品ページを心がけて商品ページを作っていきたいと思います。


ブングショップに訪れて下さったみなさまが健やかなる新年を迎えられますよう

心よりお祈り申し上げます。

★女子集結!!クリスマスツリーに願いをこめて★

2018/12/21
by ブングショップ ドットコム

ポインセチアの赤が色鮮やかに街のあちらこちらに見えるようになり

クリスマスが近づいてきていることを日に日に感じます。

日本のクリスマスはロマンチックできらびやかで2夜も続きますが

教会に礼拝に行き、キリストに祈りを捧げるという家庭はあまり聞きません。


そういう私もキリストさまとは離れた気持ちで

部屋をクリスマス一色に飾りつけをしていたのですが

ふと…私だったらキリストの生誕を祝い、何を祈るのだろう…と考えてみたのでした。


考えているうちに私の想像はふくらみ…ふくらみ…♪

楽しいことを思いついてしまいました。


ジャーン!!

クリスマスツリー

名づけて「スタッフ女子集結!! クリスマスツリー」です。


このツリーを作ろうと思った私は

おりがみを片手に女子スタッフのまわりをウロチョロしながら

「おりがみに手型を書いて欲しいの。それでね、手型の裏には願いを書いてね。

願いを叶えてあげる約束はできないけど、みんなの願いを込めたクリスマスツリーを作りたいんだ」と…。


実はこの手型のクリスマスツリーは子どもが小さかったころ、あまりの手の小ささが可愛くて

なにか形にしたくて作った想い出のあるクリスマスツリーと作り方が一緒なのです。

折紙でつくる手形

子どもの手はすぐに成長して大きくなってしまうので、その「時」を形にして

額に入れて長く想い出を懐かしむのもステキですよね☆


さてさて…

今回、女子スタッフの手型で実際に作ってみた私の感想は…。

子どもが小さかった時に作ったクリスマスツリーと比べると

「デカイ!!」「かわいくない!!」「ホラーチック!!」…などなどハサミで切りながら

みんなには言えないようなことを考えていました。


でも、なかなか大人チック?!なクリスマスツリーだと思いませんか。


材料も折り紙と画用紙があればできちゃうというカンタンなクリスマスツリーなので

是非、みなさんも“かわいい手”で作って飾ってみて下さいね。


「願いを書いてね」と言って折り紙を渡したので

何人かのスタッフが「願い」を書いてくれました。

手形願い 1
手形願い 2


どうかサンタクロースさま…願いを届けてくれますように…。


では材料と作り方を紹介していきますね。

☆材料☆

画用紙・色画用紙・折り紙・ハサミ・のり

☆作り方☆

  1. おりがみを裏にして鉛筆で指にそって手形を描く
  2. ハサミで手形を切る
  3. 手型に願いを書く
  4. のりをつけて木の形になるように貼っていく。
  5. 色画用紙やおりがみを木の幹の形に切って貼っていく
  6. 木におりがみや色画用紙で作った飾りをつけていく


最後にみなさま、クリスマスプレゼントは用意できましたか。

商品ページには、たくさんの商品を取り揃えています。

もちろんプレゼントや記念品にも対応できるようラッピングも承っておりますので

是非、商品ページものぞいていってくださいね。


we wish you a merry christmas!!

★ジングルベル♪ジングルベル♪★

2018/12/12
by ブングショップ ドットコム

♪Jingle bells♪ ♪jingle bells♪ ♪Jingle all the way♪

今日はたのしいクリスマス♪ イエェイ♪


街路樹がまばゆいほどにクリスマスのイルミネーションで輝き始めると

いよいよクリスマスが近づいてきたと感じます。


空を見上げ大きく息を吸うと大人になった今でも

「本当は、この世界のどこかにサンタさんがいるのではないか」と…想像してしまいます。

すると遠い記憶、どこかで聴いたことがある何百という低い鈴の音を思いだし

子どものときに照れ臭くて書けなかった「サンタさんへの手紙」を

「今、書いちゃおうかな…」なんて思ったりしちゃうのです。


プレゼントの中身よりもサンタさんを想像する方が楽しかった子ども時代。

だからでしょうか…サンタさんへの想いは強く

今回はサンタさんをかわいく額に閉じ込めちゃう?!…という暴挙?!に出ちゃいました。ウフフ。

折紙と額で作るサンタさん

作り方はカンタン♪

ハガキよりも少し大きなサイズの額にサンタさんに入ってもらったので材料も画用紙と折り紙だけ♪

玄関やリビング、子ども部屋など家族が通るところに飾っておくと

気分もクリスマスへと近づいてきますよねっ。

なんて素敵な12月♪


では使った材料・道具・作り方を紹介しますね。


☆材料☆

手ごろな大きさの額・画用紙(厚紙でもOK!!)・おりがみ6枚(赤×2枚・緑×1枚・銀色×1枚・白×1枚・黒×1枚)

ハサミ・パンチ・のり

☆作り方☆

  1. 額に入る大きさに画用紙を切り緑色のおりがみを貼ってまわりを銀色の折り紙でふちどるように貼る。
  2. 好きな形のサンタさんをおりがみで折る。
  3. おりがみで目などのパーツをハサミで切ってサンタさんに貼っていく。(目・鼻・口・マントを丸く切り抜くときはハサミでもできますがパンチでやるとカンタンです。)
  4. 台紙の真ん中にサンタさんを貼る。
  5. 白いおりがみを丸くカットして雪に見立ててサンタさんのまわりに貼っていく。
  6. 額に入れたら出来上がり♪


カンタンなのにクリスマスカラーの赤と緑が入っているので、この時期どこに飾ってもカワイイですよ♪

是非、みなさんも作ってみて下さいねっ。


話が少し戻ってしまいますが、サンタさんへのお手紙はいつか行ってみたいと思っている国…フィンランドに届くそうです。

遠い遠いフィンランド…もし私がサンタさんへお手紙を書いてお返事が届いたらここで紹介しますね。


では最後にサンタさんが住むフィンランドのムーミン谷、ムーミンにちなんで2019年のムーミンのスケジュール帳少し紹介したいと思ったのですが思いのほか人気があり、唯一ご紹介できるのがこちら1点のみ・・・残念

個人的には“ミィ”が好きな私。“ミィ”の発することば…深いですよね。


ホーム画面の商品検索で「ムーミン」と入力していただいてもノートやマスキングテープなど

たくさんのかわいいムーミン商品が出てきますので、そちらも見て頂けると、とてもうれしいです。


ではみなさん、また話はそれてしまいますが今週末は「双子流星群」で夜空が輝くそうです。

12月は本当に楽しいことばかりがありますね。

みなさんも風邪をひかないようにお過ごしくださいませ。


メリークリスマス!!


ブログアーカイブ ブログアーカイブ